知多木綿 と 絞り染め
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 赤レンガマルシェのこと | main | 今週末は >>
知多木綿のふるさと
今さらながら、知多木綿の歴史について調べていたら、
こんなサイトを見つけました。

知多木綿のふるさと  岡田 - 今も残る岡田の文化や町並 -
http://okadamachinami.com




何年か前ですが、知多木綿を扱う私を岡田へ招待してくださった方がいて、
手織りの工房や、工場見学、町並みを詳しくご案内いただきました。

当時は観光客も少なく、歴史や地場産業に興味がなければ知らないだろうなぁ…
という感想を持って帰るのみとなってしまいましたが、
改めて、知多木綿についてご紹介してみようと思います。


知多市の岡田地区という場所は、知多木綿発祥の地と言われ、
江戸の慶長年間より木綿の生産・集積地として栄えました。

知多木綿があまり愛知県で知られていない理由として、
生地の生産は知多ですが、晒し(さらし・布の精錬)は伊勢や松阪、
販売は主に江戸(東京)という販路だったという歴史があります。

現在でも主な卸先は東京が多いのですが、
有松でも一部の絞りの浴衣やお土産として使われています。

昭和の最盛期が過ぎてからは海外での大量生産が主となりましたが、
現在でも高品質な木綿は生産されています。


明治〜昭和の街並が今も残り、木綿蔵や立派な木綿問屋の建物が
当時の繁栄を物語ります。
また、木綿蔵では昔ながらのはたごによる手織り体験も催されています。
地元の保存会の奥さまが、丁寧に機織りを教えてくださいます。



↑のようなサイトが当時はまだなく、地元の保存会の方々が
観光地として盛り上げたい!と頑張っていらっしゃいました。
当時のことを思い出すと、奥さまがたはお元気かなぁ…
と感じ入ってしまいます…

少しでも興味を持っていただけたら、ぜひ岡田へ足を運んでみて下さいね。
私もまた、散策や体験しに行ってみようと思います。
 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://samio-s.jugem.jp/trackback/101
TRACKBACK